直感やワクワクに従って決めることへのワナそれ一時の感情で決めてない?


こんにちは、夢実マナです

日ごろから直感で物事を決めたり、誰かに心惹かれることがあるとおもいます。

私もまあ占い師ですから直感で鑑定をしたり、人より直感を駆使して生活しているほうですね。

けれど、直感や感覚(ワクワク)で私はいつも生きています!そういう人に限って

それは一時の感情で物事を決めたり、判断したりしていないか?と思うこともしばしばです(´・ω・`)

あるブログを見て、「私は感覚的に生きています。今度〇〇をします!」と宣言したはいいものの。ふと久々にのぞいたら、最初に決めたことと全然違うことをやっていました。で、またしばらく立つと最初宣言してた決意や目標はどこに行ったの?って思うくらい、また違うことをやってたんですよw

いや、引き寄せの法則を信じてる人って、いくらワクワクに従ってるからと言って、気分屋すぎるし、自己中すぎないか?と思う方もいらっしゃるのですよ。。(私も大分気分屋だけどさ‥)

なので、直感で物事を決めたり、相手に惹かれたとき…本当にそのまま進んでいいのかどうか?うまくいく直感の働かせ方ってどういうことなのか?について記事にしてみました。

正しい直感にはある種の理性が働く

実はですね、直感でこうしよう!と思ったとき。

なんだかすごくそれをやろうとすると引き寄せの法則でよく言われている

ワクワクしてハイな気分を常に伴っているか?というとそうとも違いますし

いつも絶対うまく「いく」という感覚を伴っているというのも違うんですよ。

感情が強すぎているとき、どちらかというと直感から外れていることのほうが多いです。実は、感情がハイになっている状態に決意しようとするとワナがありまして、

結局あとあと続かなかったり、途中で違うことをしていることがよくあります。やっぱりこっちじゃない。やーめたってなりやすいです。

いわば躁のような状態で行こうとしても、そのあとガクンっと落ちて続かないときが結構ありました。

ワクワクすることをやるとうまく行く。ということは

確かにワクワクしないことをやるよりうまくいくでしょうが

ワクワクすることと継続する力というものはまた別になります」継続する力って、時に忍耐・コツコツやる力であって、ワクワクとは真逆の行動でもあったりします。

感覚的にきっとこうに違い「ない」という断言した感覚というよりも

こうしたらうまく行く「かも?」という

あいまいな感覚からチョイスしたほうが人によっては、そちらのほうが正解だったりするのです。

でも時には、ちょっと冷静に考えて、それを実行するための時間と余裕を持っていることが大事です。

直感で選択するということは、一時の感情に振り回されて選択することとは違う。ということです。

直感をうまくつかって自分の気持ちを確かめる方法が書いてあるのはこちらの本です↓

自分の気持ちがわからなくなったら読む本

直感やワクワクで決めたといって、常に正しいとは限らないし、結果が早く出るものでもない。

そもそも、直感にはこれといった正しい、間違いという明確な基準はありません。

確かに直感やワクワクに過度に正しさや間違いを求めると、うまく動きにくくなります。だから、「これをやりたい、始めようと思ってるんですけど、うまくいきますか?」って問うことって、ある意味では間違いなパターンだったり。。。

本当にやりたいと思うんだったら、うまくいくかどうか?よりもうすでに始めちゃってたり、どうしたらうまくいくか?の方に視点が行くものだよねって思うときもあります。

直感的にこれ選んでいいの?(ビクビク)ってしているときも、むしろその恐れの中にやりたがっていることがあったりしますし、ここら辺の判断ってプロでも難しいですね。

私自身もやろうと思って、できていないことありますし、おすし(´・ω・`)

ただ人は「常にベストな選択をしている」という言い方もあります。本当に必要な選択はすでにしているし、自然と実行しているんですよね。

例えば、朝起きて、ご飯を食べて、身支度をして、仕事に出かける。それさえ習慣だと言われれば当たり前すぎて何も感じないけど、確かに一つの選択をしているんです。

それだけじゃなく、生きている以上は自然にいろんな選択を瞬時にして行動しているんです。

だから、ワクワクしてやりたいことをムリに探そうとしなくても、人はいつでも何か直感的に動いたり、感じ取ったりしながら生活しているもんです。

ただ感情にフタをしすぎていても、やりたいことが何なのかわからなくなったり、何となく生きづらさを感じるようになってしまいます。

感情の暴れるままに動いても、うまくいきにくいし、他人を振り回す結果にしかならないときもあるけれど。。。

かといって、感情を感じてあげなかったら、何がしたいのかもよくわからなくなって、うつ状態になりやすいので感情はその都度感じ取ってあげた上で、

でもそれをどうしようか?を決めるのは理性で選んであげるのがいいのですね。

もちろん「何もしたくない。何も感じたくない。」も一つの反応だと思いますので、そういうときはムリせず休んだほうがいいですよ。

直感でこの人好きかも?って思ったら・・・

例えば、直感で人を好きになったとき…でも、この人でいいのかなと迷ったら…

自分の状態によって、好きになる人、惹かれやすい人って実は変わるんです。

例えば、自分の人生が充実しているとき、前向きな気持ちでいればなんだか楽しそうな人を好きになりやすくなります

逆に、うまくいってないとき、失恋したばかりで心にぽっかりと穴が開いてるときに人を好きになると、

ちょっと陰のある人、さみしさを埋めるために本来タイプじゃない人に惹かれてしまうこともあります。

恋愛面では自分の感情を整えてから、出会いを求めてみたり、恋愛を始めたほうがうまくいきやすいです。

もしあなたが惚れっぽいタイプだとして、それでいつも相手選びに失敗しているのであれば、少し一呼吸おいてその人と向き合ってみたほうがいいだろうし

逆に惚れにくく、異性を客観的にジャッジしすぎちゃう人、そういう人はもうちょっと感情に従って、ワクワクする感覚を取り入れると恋愛がうまくいくようになるかもしれません。

まあ、人それぞれなので貴女にあった出会いの引き寄せ方って?と言われたら、私の鑑定も一度おすすめしますが、先に理想の相手像を紙にリスト化するってのもおすすめです↓

The following two tabs change content below.

恋愛タロット占いカウンセラー夢実マナ

タロット暦10年・恋愛鑑定1000件以上の実績を持ち 恋愛心理学とタロット占いで独自の占いカウンセリングを行っています。 現在、独身女性の婚活・復縁・片思いをメインにご相談をお受けしています。趣味はオルゴナイト作り・ゲームをする事(FFやテイルズなどもっぱらRPG系が好物です)